ヒトにやさしく

人間工学を活かしたものづくりの情報発信ブログ

MENU

【様々なユーザー】について考えてみる

【スポンサーリンク】

ユーザーって何だろう?

 

スポンサーリンク

 

 

 

ユーザーとは

 

ユーザビリティ、ユーザーエクスペリエンス、という言葉にも含まれる、「ユーザー」

 

ユーザーにとっての使いやすさ考えるためには、対象のユーザー像を明確にする必要があります。

世の中に存在している多くのシステムや製品には、不特定多数のユーザーが存在しています。

そのユーザーは、「個人」として見ることもできれば、「グループ」として見ることができる場合もあります。

社内システムであれば、特定の社員(個人)、社員全員(グループ)、もしくは特定の部署の社員(グループ)がユーザーになり得ます。

 

そして、それらユーザーは直接ユーザーと間接ユーザーに分けることができます。

各々以下のように定義します。 

 

・直接ユーザー

製品やシステム、サービスと直接的に相互作用する人

 

・間接ユーザー

製品やシステム、サービスと直接的には相互作用を行わないが、その出力を受け取る人

 

この2つのユーザーについて、実際に駅の改札の例を考えてみます。

 

 

駅の改札のユーザー例

 

直接ユーザー

・乗客(駅の利用者)

駅の改札のユーザーと言って、最初に思いつくのが実際の駅利用者かと思います。

電車から降りてくる人とこれから電車に乗る人。

いずれも改札に切符を通す、もしくはICカードをかざします。

改札と直接かかわっていますので、直接ユーザーになります。

 

・現場の駅員

現場にいる駅員は、改札でトラブルがあった際に、直接操作をしますので、直接ユーザーと言えます。

 

・メンテナンス業者 

改札のシステムでトラブルがあった際に対応してくれる業者も、改札(の機械の中)を直接操作するため、直接ユーザーと言えます。

 

 

間接ユーザー

・鉄道社員

直接改札システムにはかかわらないが、改札から利用者数等の情報を受け取る鉄道社員は、間接ユーザーと言えます。

 

ICカード会社

鉄道社員と同様に、ICカードの情報を受け取る会社も間接ユーザーと言えます。

今ではほとんどのICカードで共通利用ができるようになり、多くの企業間が連携しています。

 

その他、下記のようにシステムの周辺に存在する人も広義の意味ではユーザーと呼べるのかもしれません。

 

・駅構内の店員

・清掃員

・駅の近隣住民

 

 システムや製品をつくる際には、このように幅広く存在するであろうユーザーに目を向けることが重要です。

更には、ユーザーの多様性も理解したうえで、モノづくりに励みたいものです。

 

以下記事で、同様に駅の改札を例にして、ユニバーサルデザインを紹介しています。

ergonomics.hatenablog.com