ヒトにやさしく

人間工学を活かしたものづくりの情報発信ブログ

MENU

プライバシーポリシー

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事が可能です。

お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。

しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありませんのでご安心ください。

 

当サイトに掲載している広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス、(GoogleアドセンスA8.net)を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。

お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。

 

 

免責事項

当ブログの記事は、管理人である あく の主観により体験談を書いています。

商品のご購入やご利用の最終的な判断は、読者様の責任でお願いします。

掲載情報には、できる限りの正確さを心がけております。

しかしながら、万人に当てはまるわけではありません。

当ブログを利用することでトラブルが発生したとしても、責任を負いかねます。

あらかじめご了承ください。

 

著作権

当ブログの文章、画像等の著作権は あく 及び各作者にあります。

全体一部を問わず無断使用はできません。

 

リンクについて 

当ブログはリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。

 

運営者 あく(id:acuite

初出掲載:2021年4月25日

人間工学とは?

人間工学とは何だろうか?

 

研究室の先生から"人間工学"という言葉を初めて聞いてから6年程経ち…

初心に戻り、そもそも人間工学とは何ぞや?ということで定義を調べてみます。

国内外の関連学会がいくつかあるようですので、そちらから引用を。

 

IEA(International Ergonomics Association)=国際人間工学連合の定義

Ergonomics (or human factors) is the scientific discipline concerned with the understanding of the interactions among humans and other elements of a system, and the profession that applies theoretical principles, data and methods to design in order to optimise human well-being and overall system performance.

International Ergonomics Association より引用

人間工学(ヒューマンファクター)とは、システム上で人間と他の要素との相互作用の理解に関わる科学的な分野であり、人間の幸福と全体的なシステムの性能を最適化するため、理論的な原理・データ・設計方法が当てはまる専門領域である。

 

拙い日本語訳になりましたが、

人がものに与える作用と、ものが人に与える作用、

これらを理解し、便利で幸福な世の中を築くための 考え方…ということでしょうか。

 

一般社団法人 日本人間工学会 の定義

人間工学は、働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な科学技術です。

(中略)

人間の身体的・認知的・精神的特性を理解し、人間とシステム要素を等距離に捉え、仕事、機械・道具、環境、組織、社会システム、組織文化との相互作用の適正化を図る実践科学が人間工学といえます。

JES 一般社団法人 日本人間工学会 -Japan Ergonomics Society- より引用

 

こちらも人の特性を理解することは同じで、人と物事間の作用の適正化を図る考え方を示してあります。

 

こうして記載してみると幅広い分野が関連していそうです。

日常生活の中、普段の業務の中、意識できる場面はたくさんあるのかもしれません。

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

f:id:acuite:20190715120759j:plain

ユニバーサルデザインバリアフリー

(^^♪「この建物はバリアフリーの設備があるよね~」

(*‘∀‘)「あの製品はユニバーサルデザインを取り入れているよね~」

 

といった会話を耳にすることがありますが、

 

バリアフリーユニバーサルデザイン・・・

同じような意味で使われることが多いイメージですが、実際の意味を理解せずに使っている方も多いのではないでしょうか。 

 

そこで今回は2つの違いについて調べてみました。

 

内閣府バリアフリーユニバーサルデザイン推進要綱の定義がこちら。

www8.cao.go.jp

 

バリアフリー

物理的な障壁のみならず、社会的、制度的、心理的なすべての障壁に対処するという考え方

 

ユニバーサルデザイン

施設や製品等については新しいバリアが生じないよう誰にとっても利用しやすくデザインするという考え方

 

バリアフリーは障がいのある方にとって、

ユニバーサルデザインバリアフリーより広く誰にとっても利用しやすいデザイン

 

という感じでしょうか。

 

次回以降、それぞれの具体例を考えながら勉強したいと思います。

 

ご挨拶・自己紹介

ご挨拶

ご訪問いただきありがとうございます。

あく(id:acuiteと申します。

 

当ブログは、私の興味がある下記分野の情報取集・発信用として始めました。

 

・人間工学

ユニバーサルデザイン

・人間中心設計

ユーザビリティ

 

私のこと

・メーカーのシステム部門に勤務

・若手だと思っているものの、あっという間にアラサー(笑)

・たまに登山に行くのが好き

・資格取得のための勉強を継続中

  

人間工学やデザインに興味を持ったきっかけ

普段の生活の中で、祖父母が日常で使用する製品を使いづらそうにしている姿を目にすることがありました。

高等専門学校で、工学の基礎を学ぶ中で、「人間工学」という分野の存在を知ります。

そして、祖父母のような高齢者のQOL(生活の質)を上げるために、人間工学を使ったアプローチができるとも感じました。

人の感性や特性を活かした工学・モノづくりに興味が広がった20歳すぎ。

人間自体の特性にも興味が広がり、大学院では人の聴覚に関して、より生体的な分野の研究を行いました。

 

就職では製品を設計/企画する部署を希望しましたが叶わず、システム屋さんに。

そんな状況下で、学びの機会を自ら得るために、当該分野を勉強中です。

 

ブログ開設に至ったきっかけ

当該分野の情報収集は、会社ではあまりできず、独学で書籍を購入して進めています。

更に、関連の資格があることを知り、資格の取得に向けて邁進しているところです。

 

3年程細々と勉強を進めてきましたが、

本当に正しい知識が身についているのか?

進むべく方向性はあっているのか?

本当にやりたいことは?

自身の業務に活かせているか?

・・・と不安がつのるばかり。

そこで、自ら感じたことや学んだことを発信し、他の方からの意見を得ることで、自信を顧みたいと感じました。

twitterも同時に始め、形から入っております(笑)

 

今後について

2019年にはてなブログに登録しましたが、月日が流れて2021年に。

まだまだ自分自身も方向性が定まっていないため、しばらくは雑記ブログとして運用します。